今回ご紹介するのは「ニシア世代のプチ稼ぎ」です。

【シニア世代のプチ稼ぎ事情】いいかも!ウチの親にも勧めちゃお。

 

プチ稼ぎに年齢は関係ありません、インターネットやスマフォが普及し便利になった今だからこそ、昔の「内職」よりも気軽に楽しみながら行えるものがたくさん増えました。

2016年最新!安全でオススメ「お小遣い稼ぎアプリ」まとめ

趣味のカメラをお金に変える!「写真素材ネット販売」

自分で撮影した写真データをネットで気軽に販売出来るプチ稼ぎです。

 

代表的なサイトさんは「PIXTA(ピクスタ)」さんですね。旅先などで撮影した写真をどんどんアップして本当に簡単に販売する事が可能です。カメラが趣味の方にはとってもお薦めです。自分の作品を発表する場にもなりますし、売れたら本当に嬉しいですよ。

売れた写真は、主にWEBサイトの素材や、新聞雑誌などの広告素材に利用されます。あなたの作品が大企業の広告に使われる事も夢ではありませんよ!

人生経験や聞き上手をお金に変える!「お話し相手サービス・愚痴聞きサービス」

電話やスカイプなどを使って、お客様のお話し相手になるプチ稼ぎが人気です。

シニアのプチ稼ぎ・副業「愚痴聞き、話し相手サービス」

電話やスカイプを使うお仕事なので何処に住んでいても出来るのがメリット。お金を払ってでも、自分勝手に愚痴を言ったり、自分の事をちゃんと聞いてもらいたいというニーズは確かにありますよね。

スカイプなどを使う場合、基本的のパソコンの知識が必要になるかもしれませんが、メインは「話すこと、聴くこと」ですので人生経験豊富なシニアの方にはお薦めです。

タイピングが出来るシニアは「テープ起こし・ブログ記事作成」でかなり稼いでる。

今や、クラウドソーシングサービスサイトを利用すれば「テープ起こし、文字起こし」や「文章作成」「入力代行」のお仕事はたくさんあります。

テープ起こし

 

「テープ起こし、文字起こし」はタイピングの早さよりも、より多く、そして確かな「語学力や読解力」が必要になります。専門性の高い内容ほど報酬額は高く、自身の経験を活かして自宅のパソコンで稼いでいる60歳以上の方は増えてきているようです。

おわりに

今回の記事はいかがでしたでしょうか。

シニアの方が近くでパートやアルバイトを探そうとすると、「60歳まで」などの年齢制限があったりしてなかなかお仕事が見つからないと良く耳にします。

最低限のパソコン操作さえ覚えてしまえば、ネット上には年齢制限のない、やりがいのあるお仕事がたくさんありますよ。あっ!『シニアモデル』ってのもアリですね!

2016年最新!安全でオススメ「お小遣い稼ぎアプリ」まとめ