行政モニター

今回ご紹介する情報は「行政モニター」です。

初めて聞く方も多いのでは?きっとあなたの町にもあるはず。
お小遣い稼ぎが出来て、地域貢献にも繋がるとっても素敵なプチ稼ぎですよ!

行政モニターって何?

区政・市政の重要な課題や私達の生活に直接関係する問題などに関して、市民の生の声を各行政が把握しより良い行政サービスなどを提供出来るように国をはじめ市役所、区役所などの行政機関が市民からモニター調査員を募集するものです。

行政モニターに応募するには?

行政モニターの募集は、主に市役所・区役所などのホームページや市区町村が発行している広報誌で行われているようです。募集内容に異なりますが、一般的には年度始めに募集を出すことが多いですね。「●●年度の行政モニター募集のお知らせ」などの見出しでホームページや広報誌・地域誌に掲載されています。普段あまり見る機会が少ないかとは思いますが、行政モニターの求人募集をお探しの方はマメにチェックしておくとよいでしょう。国の場合は厚生労働省などが行政モニターを募集しています。

行政モニターになれる条件は?

条件は募集内容によって異なりますが、市役所の市政モニター募集を例に出しますと、まず市内在住である事。18歳以上で公務員(講員及び長の職)ではなく日本語を理解できる方といった感じです。中には現在妊婦の方、主婦の方のみを募集している事もあるようです。 

お仕事内容や活動はどんな感じ?

アンケート形式が多いようです。内容に応じたアンケートに答えて郵送及びFAXでアンケート結果を送付します。また、現地調査など外出が伴うモニター調査もあるようです。行政モニターの報酬(お給料・お手当)は一概にいくらとは言えませんので募集内容をチェックしてみて下さい。図書券や商品券で支払う事もあるようですね。

 

行政モニターのまとめ

行政モニターは一般的にはあまり知られていません。ある意味、穴場?のプチ稼ぎかもしれませんね。自分の意見や、調査内容が行政に活かされ地域に貢献できるお仕事です。これからはマメに自分の住んでいる行政のホームページや広報誌・地域誌などをチェックしてみましょう。

ちなみに・・・
チェックするところは、行政のホームページの場合、“広報”・“公聴”ページにアンケートモニター募集などののリンクが掲載されている事が多いですよ!見つけたらよく内容チェックして参加してみて下さいね。