今回は、『プチ稼ぎに関連するニュース』をお伝え致します!(プチ稼ぎニュース)

「LINEモール」フリマアプリがサービス終了!プチ稼ぎもリスク分散が必要?

LINEが提供するCtoC(個人間商取引)のフリマアプリが、『2016年5月31日をもってサービスを終了する』との公式発表がありました。

2013年の12月からサービス提供されていて、今まで当サイトでも度々ご紹介させて頂いていただけに残念です。

2014年に入ってからは個人間取引が行えるフリマアプリのユーザー獲得シェア争いが激化し、『手数料の無料化』など各社が発表し今に至ります。無料化の先人を切ったのはYahoo!JAPANのヤフオク。他アプリやサービスもこれに追従する形となり大変話題となりました。

何処なら売れる?フリマアプリ戦国時代突入!【売れる秘訣も解説】

やっぱり来た!【LINEモールの出品販売が完全無料に】プチ稼ぎ加速中。

 

LINEモールで出品者側で利用していた方は、売上金の振込などLINEモール公式ブログで説明がありますので今のうちに詳細をチェックしておきましょう。

買う側だけで利用されていた方も、お支払いに登録していたクレジットカードなどの説明もありましたのでチェックした方が良いですね。

フリマアプリの勝者は?

現状では『メルカリ』となると思います。

メルカリ(2016年 私が使ってる安全でオススメ『お小遣い稼ぎアプリ』まとめ)

メルカリ』の月間利用者数は、2014年11月にYahoo JAPAN!の『ヤフオク』を上回り、テレビCMが好調で利用者・売上ともに順調に数を伸ばしています。( 参考:App Ape Lab http://lab.appa.pe/2015-11/mercari-mau.html )

その他の同種アプリやサービスは、取り扱う商品の分野や利用者層(年代)を狭めて特化し今も盛んに運営されています。取り扱う商品の分野を狭めたり何かの商品に特化するアプリは今後もどんどん生まれてくると思います。プチ稼ぎする側として要チェックですね。

フリマアプリ情報は当サイトで引き続き発信していきます!

プチ稼ぎもリスク分散が必要?

フリマアプリやハンドメイドマーケットでプチ稼ぎをしている方は、リスク分散&売上アップの面において複数のサービスで活動されることをお薦めします。

複数サービスでの出品活動は管理など少し大変にはなりますが、今回の様なサービス終了などのリスク軽減にもなりますし、自分の出品物を多くの方に見てもらえる機会も増えます。

当サイトお薦めしている、3つのフリマアプリ&ハンドメイドマーケットアプリをご紹介しますね。

メルカリ「現在のNo1フリマアプリ!」

merukari
メルカリ
無料アプリです

Fril(フリル)「お洒落な女子に大人気のフリマアプリ!」

fril

Fril
無料アプリです

フリママ「子供服・ベビー用品に特化したフリマアプリ!」

furimama
フリママ
無料アプリです

minne(ミンネ)日本最大のハンドメイド販売アプリ

minne

ミンネ
無料アプリです

おわりに

今回のプチ稼ぎ情報はいかがでしたでしょうか。

フリマもオークションもハンドメイド商品販売も、スマホアプリの登場でどんどん便利になりそして楽しくなりましたよね。これからどんなプチ稼ぎできるアプリやサービスが登場するのかとっても楽しみですね!

(出典/参考: http://mall-official-blog.line.me/ja/archives/1052721184.html )

その他、日本国内のハンドメイド販売サイトはコチラ!

日本国内のハンドメイド作品が販売できるマーケットプレイスサイトを一挙ご紹介中です。

ハンドメイド販売マーケットサイト一覧まとめ!比較と評判。

ハンドメイド作家さん必見です!サイト毎の販売手数料の比較などが簡単に行えますよ。