今回は最近お問合せで多い、あるプチ稼ぎについてご説明いたします。それは、「せどり」(漢字では「競取り」と書きます)

最近になって人気が高まってきたようなので、「せどり」とい言葉やキーワードを耳にしたりどこかで見たことがあるかもしれません。

せどり(中古本転売)

せどりとは?どんなプチ稼ぎ・副業なの?

すごく簡単に説明しますとこんな感じ。

  1. 古本屋(ブックオフなど)で安く本を購入する。(仕入れ)
  2. ネットショップに出品する(販売)
  3. 売れたら入金を確認、発送する(入金・発送)

簡単すぎる説明ではありますが基本的なセドリの流れになります。

ポイントは、「安く仕入れて、高く売る」

そう、商売の基本ですね。

そして、重要な事は売れなければ意味がありませんから「現在、本屋さんやネットショップで品切れで人気のある商品」を仕入れる事です。

【欲しい人がいる→本屋やネットショップで品切れ→通常より高くても買いたい】

こういうお客様の心理です、プレミア価値という感じですかね。こんなに古くて有名でもない本がなんでこんなに高いの?マニアックな商品ほど高く売れますし競合相手も少ないのです。

せどりについて今の主流

今、仕入れ先の定番はあなたの近くにある「ブックオフ」のようです。

そして、売り先や売れそうな商品を調べる方法は「アマゾン Amazon.com」アマゾンで調べて、近所のブックオフ(古本屋)で探して100円位で購入。アマゾンに100円以上で出品する。こういう流れのようです。

人気があるのはやはり簡単な作業という事でしょう。おうち稼ぎの部類に入ると思いますが、仕入れを行う為外出は必要ですね。

商品は本だけに限られません、CDやDVDも人気のようですね。せどりで成功している人たちは月に数十万円稼いでいるようです。コツや流れが分かれば比較的単純な作業ですね。

中にはこんな強者?もいるようです、なんと

「ブックオフでアルバイトをしながら同時に仕入れ作業も行う・・・」

すごいですよね!人気のある商品を売場に出す前に自分で買っちゃう…。

どこまで本当なのかは分かりませんが賢いやり方?なのかもしれません。